ニュース

【イラク・モスル】女性や子どもらが戦火を逃れシリアの難民キャンプへ流入1/1

IS(イスラミック・ステート/イスラム国)が支配するイラク第2の都市モスルの奪還に向けてイラク軍が軍事作戦を開始する中、 イラク北部で支援活動を続けるセーブ・ザ・チルドレンの現場チームからの報告によると、 過去10日間で主に女性や子どもからなるモスルからの難民およそ5千人が、 シリア北東部イラク国境近くのアルホル(Al Hol)難民キャンプに流入し、 さらに1千人が国境を越えようとしています。 アルホル難民キャンプはすでに許容人数をはるかに超えていて、 衛生環境の悪化が懸念されます。

先週、 同キャンプを視察したセーブ・ザ・チルドレンのスタッフによると、 9千人以上の難民に対して仮設トイレが16基しかなく、 キャンプ内はゴミや排泄物であふれ、 感染症などが広がる危険性が高まっています。

脱水症状の人々が100メートルもの列をなして給水車を待っても、 やっと手に入るのは浄水されていない濁った水です。

キャンプで避難生活を送る男性がセーブ・ザ・チルドレンのスタッフに語ったところによると、 人々は、 ほぼ2日間、 水などの供給がない状態で放置される時もあります。

今後モスルから、 およそ10万人がシリアに避難する可能性があると国連が警告する中、 セーブ・ザ・チルドレンは、 シリア北部で清潔な水の供給や衛生環境の整備を進めています。

また、 現在キャンプには、 ISの支配による長く悲惨な2年間から逃れてきた子どもたちが安心して学べるスペースがなく、 子ども保護の活動を早急に実施する必要があります。

Kirkuk, Iraq. 16th October, 2016. 5-year-old *Samir (L) and his brothers 7-year-old Jassim* (R) and 10-year-old Ahmad* (C) pose for a photograph at Dibis checkpoint near the Iraqi city of Kirkuk.

ISの支配による長く悲惨な2年間からの逃れてきた子どもたち

セーブ・ザ・チルドレンのモスル危機対応部長タリーク・カディールは、「着るものにしか持たずにここへたどり着いた難民の家族は、 支援物資がほぼ何もない状況に直面します。

キャンプの許容人数は圧迫され、 環境は、 私たちが見る中でもかつてない最悪の状態です。 そのような場所へ、 今後数千人が流入することになるのです。

今計画している支援を実施するための資金は、 まだ半分しか確保できていません。
今後増大する支援のニーズに対応するための資金が喫緊に必要です。 」と訴えます。

<セーブ・ザ・チルドレンへのご寄付の受付先>

ゆうちょ銀行口座名: セーブ・ザ・チルドレン 子ども基金
口座番号: 00900-1-120760
クレジットカードによる寄付はこちら
http://www.savechildren.or.jp/contribute/

<セーブ・ザ・チルドレン概要>

セーブ・ザ・チルドレンは、 すべての子どもにとって、 生きる、 育つ、 守られる、 参加する、 「子どもの権利」が実現されている世界を目指して活動する子ども支援の国際NGOです。
1919年に英国で設立され、 現在、 日本を含む29ヶ国の独立したメンバーが連携し、 約120ヶ国で子ども支援活動を展開しています。
2015年には、 およそ9,400万人(うち、 子ども約6,200万人)に支援を届けました。

こちらの記事もおすすめです。