ニュース

がん闘病漫画『ガンカンジャ』最新3・4巻10月28日発売!若いがん患者の戸惑いと苦しみ、家族の葛藤をリアルに描く!1/1

株式会社KADOKAWAアスキー・メディアワークスでは、 若いがん患者の戸惑いと苦しみ、 家族の葛藤をリアルに描くがん闘病漫画『ガンカンジャ』最新3・4巻を、 2016年10月28日(金)全国の書店・インターネット書店にて2冊同時に発売いたします。

main

 日本人の2人に1人がかかるがん。
本書は、 先進国で生きる人にとって避けては通ることのできない病がもたらす苦しみや葛藤、 家族が直面する戸惑いや哀しみを、 正面からみつめた作品です。

sub1

 韓国人マンガ家の著者・フツー氏は、 多くの若いがん患者の支援に携わった経験を持ち、 本書は、 その時の経験と8年間の闘病の末に胃がんで亡くなった実の父親の姿が、 色濃く反映されています。


『ガンカンジャ』は、 2013年に韓国でWEB漫画として発表。


がん患者の方々や親族から大きな反響を得て、 2014年に出版。
その柔らかなタッチの画風で描かれたリアルで切ない物語が、 20代から40代読者の心をとらえ、 ヒットを記録しました。

sub2

さらに、 2015年5月には、 WEBコミックサイト「レジンコミックス」の目玉作品として日本に上陸。

2016年7月に、 KADOKAWA アスキー・メディアワークスより単行本コミックス1巻と2巻を同時刊行。 がんに関心の高いメディア関係者やがん患者の親族、 医療関係者から注目を浴びました。

 愛する人を失った方、 失いつつある方、 今もがんと闘っている方たちに、 そっと寄り添うがん闘病漫画『ガンカンジャ』待望の最新刊。 ぜひご注目ください。

『ガンカンジャ』3・4巻 概要

【書名】ガンカンジャ 3 奇跡のように帰ってきて
    ガンカンジャ 4 失くした心を取り戻して
【著者】フツー
【仕様】A5判、 オールカラー
【各巻ページ数】3巻 208ページ / 4巻 216ページ
【各定価】本体1,000円+税
【ISBN】3巻 978-4-04-865992-5 4巻 978-4-04-865993-2
【書店発売日】2016年10月28日(金)
【発行】株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
【特設サイト】
http://amwbooks.asciimw.jp/sp/gankanja/
【あらすじ】
 放射線治療ができないほど、 体が弱ってしまった「僕」。 新しい年を迎えられたが、 未来に展望が持てず、 徐々に生きる気力を失っていく。
 そんな時僕は、 森の世界で交通事故に遭い、 森に迷い込んできた「ぼく」と遭遇し……。

sub3

sub4

  • 『ガンカンジャ』1、 2巻に寄せられた読者コメント

 がん家系に生まれ、 親族を見送った身には、 悲しくてつらい。 でも読んでしまう 

緩和ケア従事者だけど、 患者さんの気持ちに寄り添えていないって思った。 ごめんなさい

 これががんで闘病されている方が感じている哀しみなんだろうな。 ひっそりと泣けた

  • 『ガンカンジャ』著者プロフィール

フツー
 1981年、 韓国ソウル生まれ。 大学在学時から、 がん患者を支援する団体の事務局長を務める。
大学卒業後は、 金融関連の会社の会社員となるものの、 8年間のがんとの闘病の末に亡くなった父親の死をきっかけに退職。 何をすべきか模索する中、 偶然に漫画連載の提案を受け、 絵の練習のために、 SNS上で頼まれた似顔絵を描き始める。

その後、 人生初の漫画『ガンカンジャ』の執筆を開始。
2013年にWEB上で発表し、 大きな話題に。 2014年に韓国で出版。 その感動は、 がん患者やその家族の方々のみならず、 がん治療に携わる医者とホスピスカウンセラーの間にも広がり、 ヒットを記録する。 現在もレジンコミックスで連載中。

《『ガンカンジャ』受賞歴など 》
 国立中央図書館選定WEBTOON10年史100代作品に選定(韓国)/文化体育観光部長官賞(韓国)/富川国際漫画フェスティバル市民漫画賞(韓国)/アングレーム国際漫画フェスティバルにて展示(フランス)

こちらの記事もおすすめです。