ニュース

障害がある子どもたちに美術・音楽の楽しさを伝える、横浜市内特別支援学校へのワークショップを実施します!~横浜音祭りパラ・ミュージック1/1

平成28年9月から開催している「横浜音祭り2016」では「スーパーユニバーサル」というコンセプトのもと、 障害の有無に関わらず多くの方に楽しんでいただく企画も実施しています。

main

 11月3日に実施する「横浜音祭りパラ・ミュージック ミュージック・イン・ザ・ダーク ~障がいとアーツ in 横浜」のアウトリーチ企画として、 市内特別支援学校においてアートワークショップを実施します。

1 市内特別支援学校アウトリーチワークショップ

 東京藝術大学COI拠点「障がいと表現」研究グループの学生達が、 視覚障害のある子ども達を対象にアート(美術・音楽)の楽しさや「表現」する機会創出のためのワークショップを実施します。

◆日程: 11月10日(木)9:00~10:40/10:50~12:15
◆会場/対象: 横浜市立盲特別支援学校/同校の生徒を対象にワークショップを実施
◆出演・指導: 東京藝術大学COI拠点「障がいと表現」研究グループ他

 ※このワークショップは、 対象の方・メディアの方以外は観覧できません
 ※東京藝術大学COI拠点「障がいと表現」研究グループとの共催

2 横浜音祭りパラ・ミュージック「ミュージック・イン・ザ・ダーク~障がいとアーツ in 横浜」

 「ミュージック・イン・ザ・ダーク」は、 視覚障害がある演奏家と障害がない演奏家で弦楽オーケストラを結成し、 一部のプログラムで照明を完全に消して演奏します。

 視覚障害の有無にかかわらず、 演奏者全員が「暗譜」で演奏し、 真っ暗闇の空間で「視覚以外」の感覚を研ぎ澄ませて音楽を体験する本公演も、 是非ご注目ください!

◆公演名: 横浜音祭りパラ・ミュージック「ミュージック・イン・ザ・ダーク~障がいとアーツ in 横浜」
◆日程: 11月3日(木・祝)14:00開演(チケット発売中)
◆会場: 青葉区民文化センターフィリアホール
◆出演者: 徳永二男(ヴァイオリン)/川畠成道(ヴァイオリン)/特別編成合奏団