ニュース

二児の母、女優・木村佳乃さんも推薦!毎日のせいかつの中で、子どもたちの“生きる力”がつく!1/1

株式会社主婦の友社は、 シリーズ累計60万部を突破した「頭のいい子を育てる」シリーズ最新作『できるよ!せいかつ366』を11月2日(水)に発売いたします。

cov

大ベストセラーの「頭のいい子を育てるシリーズ」の『頭のいい子を育てるおはなし366』、 『しぜんとかがくのはっけん!366』に続く第3弾は、 “せいかつ図鑑絵本”です。

1日1ページ、 366日分、 毎日の生活の中で、 子どもたちの、 “できるようになりたい!” “やってみたい!” “知りたい!”ことを集めました。

「暮らし」「食べ物」「ことば」「運動」といった、 生活の中で経験しておいてほしい基本的なことから、 「行事」、 「仕事」「知識」など、 親子で知っておきたい伝統や慣習、 いまの時代の常識まで、 1冊で多彩な14ジャンルを網羅し、 子どもたちの“生きる力”を育てます。

  • せいかつの中で子どもの”できる!”を伸ばす

「鉛筆の持ち方」「ぞうきんしぼり」「ふろしきづつみ」や「整理整頓」 など、 今どきの子どもたちが、 くらしの中で身につけておきたい基本的なことを取り上げています。

実際に子どもがチャレンジしているようすを撮影し、 リアルな子どもの目線でとらえた写真で、 わかりやすくやり方を紹介しています。

sub3

  • 子どもたちの憧れの仕事や、 物をつくりだす仕事の工程を紹介!

子どもたちが憧れる職業ランキングより、 “サッカー選手”や“アイドル”、 “花屋”さんなどの仕事内容や、 どうしたらその職業につけるかをご紹介。

また、 “ランドセル”や“アニメーション”、 “おかし”や“アイス”など、 生活している中で使っているものや見ているもの、 食べているものが、 どのように作られているかのおどろきの工程が、 写真で見てわかります。

sub2

  • 生きていくための、 コミュニケーション力をつける!

「“あいづち”や“クッションことば”といった、 人と人とのコミュニケーションをスムーズにするためのことば や、 「やめて!」「たすけて!」といった、 自分の気持ちを相手に伝えるためのことばの使い方を掲載 しています。 子どもたちの成長に欠かせない“コミュ二ケーション力”は、 生きる力を支え、 伸ばします。

sub1

【総監修】

sub4宮里暁美先生
国立大学法人お茶の水女子大学人間発達教育学科研究所教授
お茶の水女子大学こども園園長

子どもの姿に「耳を澄ますこと、 目をこらすこと」を心がけ、 30年以上、 保育の現場や保育者養育に従事。 お茶の水女子大学付属幼稚園の副園長を7年間務める。 十文字学園女子大学幼児教育学科教授を経て、 2016年4月より現職。 子どもたちやおたたちとともに、 季節を味わいながら過ごす日々を重ねている。 著書に『子どもたちの四季』(主婦の友社)。 3児の母。

【先生よりメッセージ】

この本のテーマは生活です。 「生活」とは、 「世の中で暮らしていくこと」です。
「世の中で暮らす」、 つまり「生活する」ということは、 毎日人とかかわって過ごすということ。

この本は、 日々変化する生活の中で、 皆さんが体験していることを集めて、 わかりやすく紹介しています。


『できるよ!せいかつ366』
宮里暁美 監修
B5変型 416ページ
価格:本体2300円+税
978-4-07-414486-0
https://www.amazon.co.jp/dp/4074144867/

こちらの記事もおすすめです。