ニュース

欧州難民危機:リビア沖、子どもや妊婦含む240人溺死 ユニセフ、生存者へのケアを支援1/1

今年の地中海での犠牲者4,200人以上。イタリアのシチリア島パレルモに辿り着いた難民や移民たち(2016年5月撮影)(C) UNICEF_UN020000_Gilbertson VII Photo

main-8

【2016年11月3日  ランペドゥーサ(イタリア)発】

11月2日、 ヨーロッパを目指していた240人がリビア沖で溺死し、 その中には多くの子どもたちや妊娠中の女性が含まれていたと報告されました。

今日、 ランペドゥーサ島に運ばれてきた29人の生存者の1人の若いリビア人女性は、 ボートが転覆したときに彼女の2歳の息子、 13歳の娘、 21歳の弟を失いました。

ランペドゥーサ島でユニセフ(国連児童基金)の婦人科医かつ文化的仲介者*として働くヘレナ・ロドリゲスは、 イタリアの保健スタッフと共に、 急性肺炎を患いショック状態にあるこの31歳の女性の治療にあたっています。

この惨事により、 自分の子どもたちと弟が目の前で溺死するのを見たこの若い女性は、 強い衝撃を受けています」とロドリゲスは述べました。

彼女は、 彼女の家族がリビアからイタリアに渡るため、密航業者に2,400ドルを支払いました。

彼女たちは、 到底海を渡るのに適さないと思われるボートを見て不安になり乗ることを拒否しました。
しかし、 密航業者たちは彼らに発砲し、 ボートに乗ることを強要しました。

これが、 こんなにも多くの人たちがリビアの海岸からわずか12キロで溺れた理由です。

3日早朝から船着き場で生存者を手助けしているロドリゲスは、 海から救助された人たちの到着時の健康状態は心身ともに厳しい状態だったと言います。

昏睡状態にある人たちやエンジンの燃料をかぶって重度のやけどを負っている人たちもいました。
「ここは悲惨な状況です」ロドリゲスは述べました。

ノルウェーの救助船に助けられた2人の女性も、 子どもたちを海で亡くしました。
ほとんどの犠牲者はセネガル、 リベリア、 ギニア、 ナイジェリアの出身でした。

2016年は、 地中海を渡る危険な旅で亡くなった難民・移民が4,200人を超え、 過去最悪を記録しました。
今年に入り、 約16万人が海路でイタリアに到着しました。

  • 注記*:「文化的仲介者」は文化的ニーズや実践に関する通訳を行う