ニュース

認知症や介護予防につながるコミュニケーションロボットの活用を検討する「介護レク研究会」1/1

teens-629046_640

介護レクリエーションをテーマとした、認知症予防や介護予防につながるコミュニケーションロボットの活用を検討する「介護レク研究会」が11月17日に開催されます。

記念すべき第一回目となる今回は、岐阜県の本巣市で開催。介護レクリエーションを活用した認知症予防についての話を聞くことができます。

「認知症予防とレクリエーション」
「介護レクリエーションの狙いと今後のビジョン」
「介護レクリエーションの現場にロボットを導入すること」

■開催概要

  • タイトル :
    第一回介護レク研究会
  • 主催:
    近畿経済産業局、 公益財団法人大阪市都市型産業振興センター
    一般社団法人 i-RooBO Network Forum
    共催:ATCエイジレスセンター
  • 企画協力 :
    BCC株式会社 スマイル・プラスカンパニー(中核企業)
  • 開催日時 :
    2016年11月17日(木)
    16:00~18:00(受付15:30~)
  • 開催場所 :
    ATCエイジレスセンター(アジア太平洋トレードセンターITM棟11F)
  • プログラム :
    基調講演、 企業の取り組み発表(3社)

※お申し込みはこちらから
https://formcreator.jp/answer.php?key=Uw5oWsHBf0wTuhhIQfZnlg%3D%3D

■基調講演 (開催時間16:00~16:45)

テーマ :「認知症予防に効果のある介護レクリエーション 」
登壇者 :奈良県立医科大学 医学部看護学科 老年看護学 准教授 澤見一枝氏

■プラス株式会社の取り組み発表 (開催時間16:45~17:05)

テーマ :「介護用品・福祉用具通販のスマート介護が考える介護ロボットの取組み」
登壇者 :プラス株式会社ジョインテックスカンパニー 執行役員 教育・介護福祉事業部 事業部長 小池徳彦氏

講演内容 :プラス株式会社が考える介護ロボットの新たな取組みである介護ロボットポータルサイトについてご紹介いたします。
研究会ではその取組みにご賛同いただけるパートナーもあわせて募集いたします。

■公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会の取り組み発表 (開催時間17:05~17:25)

登壇者 :公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会 代表理事 吉田健一氏

講演内容 :ロコモティブシンドローム、 メタボリックシンドロームを予防するためのダンス、 日本ストリートダンススタジオ協会が考えるゲーミフィケーションの要素を取り入れた新たな取り組みと今後の戦略について講演いたします。

■東日本電信電話株式会社の取り組み発表 (開催時間17:25~17:45)

テーマ :「NTT東日本が提供するロボットサービス ロボコネクト」
登壇者 :東日本電信電話株式会社 ビジネス開発本部 第三部門 未利用層開拓担当課長 菅光介氏

講演内容 :2016年9月1日から提供する、 ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」のサービス開発背景、 狙い、 今後の戦略について解説いたします。