ニュース

11月20日は「世界子供の日」:ユニセフ70周年キャンペーンTiny Stories公開1/1

子どもの権利への「気付き」を広めるちいさなお話。(C) UNICEF_UN035149_

  • ※本信はユニセフ本部が発信した情報をもとに、 日本ユニセフ協会が編集・翻訳したものです。

【2016年11月14日 ニューヨーク/東京発】

子どもの権利を広め守るために活動を続けているユニセフ(国連児童基金)の創立70周年という節目の今年、 小説家、 劇作家や詩人を含む200名以上の世界の著名な作家が世界規模の文学的なキャンペーンに参加し、 「Tiny Stories(ちいさなお話)」を発表しました。

「Tiny Stories」とは、 7文、 という長さと、 「すべての子どものために、 私が望むこと(What I want for every child)」というテーマの2点以外は、 構成や形式などすべて作家個人にゆだねられた「ちいさなお話」です。

これらのお話は最も貧しくまた最も厳しい状況におかれた世界の子どもたちが今も直面する不公平さについて、 広く世の中に「気付き」を与えるため、 11月20日の「世界子どもの日」を含む11月末まで順次発表され続ける予定です。

自身が詩人でもあるフィンランドのイェンニ・ハウキオ大統領夫人によって提案されたこのキャンペーンは世界的な広がりを見せており、 アジア、 アフリカ、 南アメリカ、 ヨーロッパ、 中東やオーストラリアから世界的に著名な作家がソーシャルメディアやユニセフのホームページを通じて参加しています。

ここ日本からは、 ユニセフと同じ1946年に誕生し地球上の様々な問題をテーマに創作活動をしている、 世界的な絵本作家・画家・詩人である葉 祥明氏が本キャンペーンに参加しています。

作家である私たちは、 物語を書く、 という活動によって何かを提言することができます。

この価値があり必要があるキャンペーンによって、 私たちは世界中の大切な子どもたちの権利を守ることを主張します。

参加する作家の一人である、 ナイジェリアのチママンダ・アディーチェ氏は語りました。

様々な国籍、 性別、 年齢、 ジャンルの作家たちの中には、 世界で本が出版された最年少の作家の一人である南アフリカの7歳、 ミシェル・ンカマンケン(Michelle Nkamankeng)さんもいます。

10以上の言語、 そして様々な形式で執筆された物語のすべてが、 多くの子どもの権利が未だなおざりにされている事実に警鐘を鳴らします。

Girls from an indigenous community read outdoors at Ban Pho Primary School in Bac Han District in remote Lao Cai Province. The UNICEF-supported school provides education in a safe, child-friendly learning environment and includes classes taught in the children’s indigenous language. In March 2009 in Viet Nam, UNICEF is supporting the Ministry of Education and Training (MOET) to provide bilingual education to ethnic minority children – in Vietnamese and their indigenous language – and to improve adolescent learning, especially among minority ethnic girls. The Norwegian Government and IKEA, the Swedish home-furnishings retailer, are major UNICEF funding partners. Norway has committed US $1.6 million, and IKEA has contributed more than US $1 million for these projects. Although 95 per cent of all eligible children attend primary school, an estimated 20 per cent of the children of the 11 million members of ethnic minorities do not have access to basic education. Additionally, drop-out rates among ethnic minorities are high due to the lack of trained bilingual teachers, limited bilingual texts and curricula and inadequate infrastructure. Adolescent girls are especially at risk because of poverty, cultural biases against gender equity in education and the lack of properly equipped child-friendly schools. UNICEF has worked with MOET since 2007 to research and implement educational models that support bilingual education for indigenous minorities, now benefiting some 5,000 students (including preschoolers) from the Hmong, Jrai and Khmer ethnic groups in the provinces of Lao Cai, Gia Lai and Tra Vinh. The programme to improve adolescent education, adding critical life skills, reaches an estimated 120,000 students and 3,000 out-of-school adolescents, in eight provinces. IKEA is UNICEF’s largest corporate funding partner, supporting UNICEF education, child protection and health programmes for children in Asia, Africa and Europe.

本を読むベトナムの子どもたち(本文と直接の関係はありません)(2009年3月10日撮影)(C) UNICEF_UNI10236_Estey

子どもの権利がますます危ういものとなっている今、 このキャンペーンが行われる意義があります。

紛争、 貧困や気候変動によってふるさとを奪われた子どもたちが存在し、 他にも何百万の子どもたちが地域内で言葉にできないような暴力に直面しています。

また、 昨年には600万人近い5歳未満の子どもが、 主に適切な対処で防ぐことのできた病気で亡くなりました。

多くの子どもの人生が、 紛争、 不公平さ、 貧困や差別によって未だに大きく影響を受けている事実に衝撃を覚えます。

人生と未来が危機に瀕している子どもたちへの約束を守り続けなければいけない、 とこの『Tiny Stories』が世界へ再度『気付き』を与えることを願っています。

ユニセフ広報部長のパロマ・エスクデロは述べました。