ニュース

ハーバード大学附属病院ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センターとOSTRIGEN Inc.、クロストリジウム・デフィシル感染症の研究を共同で行う1/1

ハーバード大学医学部の主要な教育附属病院ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センター(BIDMC)とOSTRIGEN BIOME株式会社の親会社であるオーストリジェンInc.は、 ダチョウ由来の抗体を経口投与することでクロストリジウム・デフィシル感染症の治療を行う研究を共同で行います。

sub1

ハーバード大学医学部の主要な教育附属病院ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センター(BIDMC)と、オーストリジェンInc.は、ダチョウ由来の抗体を経口投与することでクロストリジウム・デフィシル感染症の治療を行う研究を共同で行います。

クロストリジウム・デフィシル菌は、 多剤耐性菌であり院内感染の感染源として一番問題になるバクテリアであり、 先進国においては消化器官系の感染症として、 最も危険な死亡率の高い疾病となりつつあります。

この研究はクロストリジウム・デフィシル菌が生産する毒素に対して、抗体を使用することに焦点を当てます。

べス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センターで作成されたクロストリジウム・デフィシル菌の不活性化毒素は、日本にあるオーストリジェンの関連施設でダチョウに注射して抗体を作ります。

ダチョウは現存する鳥類としては最も原始的な種であり、 地上の動物の中では最も強力な免疫システムを発達させた生き物であると考えられています。

研究はハーバード大学のシアラン・ケリー教授とシンファ・チェン准教授、 そして京都府立大学の塚本康浩教授が主導する研究チームで行われます。

sub2

ケリー教授は、 「ダチョウ抗体のクロストリジウム・デフィシル菌感染症への経口投与は、 クロストリジウム・デフィシル菌感染症に対して、 免疫治療として抗体薬からワクチンとしての用法の療法領域に於いて、 費用対効果の高い予防及び免疫治療薬になる」と考えています。

また塚本教授は「今までダチョウ抗体による消化器官系の感染症に対する経口治療はウイルス系もバクテリア系も何種類も開発してきたので、 この共同研究によるクロストリジウム・デフィシル菌の抗体も必ず効果があると考えています」。

現在、 塚本教授はアメリカ陸軍感染症医科学研究所(USAMRIID)ともエボラ、 MERS、 ジカ熱の対抗薬の共同研究を進めています。