ニュース

人気モデルがこぞって通う代官山の整骨院のゴッドハンドが、1日2分のセルフケアで誰でも小顔になれる方法を初公開!1/1

エラ張りや二重あごなど、 デカ顔の原因は、 骨格や脂肪ではありません。 その原因は、 実は、 生活習慣による筋肉のこりなのです。 “こぶし”1つで筋肉のこりを解消し、 スッキリ小顔を手に入れるメソッドを紹介します。

main

本書では、 小顔矯正のスペシャリストとしてタレントやモデルからの信頼も厚い山口良純先生が、 オリジナルの方法を初公開します。

代官山にある山口先生の整骨院は、 アンミカさん、 香里奈さん、 橋本マナミさん、 道端アンジェリカさん、 大政絢さん、 ラブリさん、 黒田エイミさん、 大屋夏南さんなど、 人気モデルたちの御用達。 本書では、 彼女たちをはじめ、 多くの芸能人から山口先生へのメッセージも掲載しています。

sub1

sub6

◆スマホを見る姿勢も、 顔のむくみ、 たるみの一因に…!

小顔になるメソッドを紹介する前に、 なぜ顔が大きくなってしまうのかを説明しましょう。 その原因は、 ずばり悪い姿勢とくいしばりです。

悪い姿勢とは、 特にスマホやパソコンを見る際の前かがみ姿勢のこと。
現代人は、 無意識のうちに首の骨が前に引っ張られた状態(ストレートネック)になっている人が多いのです。
ストレートネックになると顎関節まわりの筋肉が衰えて、 あごのラインからやがては顔全体がたるんでしまいます。

また、 くいしばりは、 顎関節まわりの筋肉を緊張させます。
その状態が続くと筋肉が異常に発達してこり固まり、 エラが張ったような顔になるのです。
自分ではくいしばっている意識がない人でも、 ストレスがあると就寝時などにくいしばっている場合も多いのです。

主にこれら2つの原因によって、 私たちの顔は肥大化します。
顔の筋肉が慢性的にこり固まった状態になると、 血流が悪くなって、 水分や老廃物が停滞。 するとむくみも重なって、 ますます顔は大きくなるのです。

そこで、 小顔になるために欠かせないのが、 本書で紹介する“こぶしカッサ”です。

sub4

◆道具を使わず、 誰でも簡単に小顔になれる!

筋肉には、 こるとたるむという性質がありますが、 反対にこりをほぐせば、 血流やリンパの流れもよくなるので、 キュッと引き上がります。

それによって、 シャープなフェイスラインやぱっちりとした目元になるのです。

道具が不要で、 思い立った時にどこでもすぐに実践できるのも、 “こぶしカッサ”の利点の1つ。
また、 自分の手なので角度や力加減がしやすく、 狙った箇所に直接働きかけることもできます。

sub3

“こぶしカッサ”を実践すれば、 人気モデルたちのような小顔も夢ではありません。
骨と筋肉が動くと言われるゴッドハンドの驚きのメソッドを、 ぜひ実感してみてください。

sub2

sub5

【著者プロフィール】山口良純(やまぐちよしずみ)

代官山山口整骨院院長。 柔道整復師。 祖父、 父共に整骨院院長。 親子三代に伝わる伝統的古典療法から最新のレーザー機器を用いたオリジナルのインナーマッスル治療、 ボディバランス治療、 オステオパシー、 AKA治療 、 頭蓋骨の動きに合わせて輪郭を整える頭蓋骨輪郭矯正などの治療を行う。 俳優、 モデル、 タレント、 スポーツ選手など数多くの著名人のボディメンテナンスを手がけている。

「こぶしカッサで小顔美人」
定価:本体1200円+税
発売日:2016年12月8日(木)
判型:A5/96ページ
電子版:あり(同日配信)
ISBN:978-4-05-800694-8
発行所:(株)学研プラス

【本書のご購入はコチラ】
・Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4058006943
・楽天ブックス  http://books.rakuten.co.jp/rb/14546477/