ニュース

シリア・アレッポ東部:子ども数百人が退避できず1/1

両親を亡くし、 アレッポ東部からジブリーン市のシェルターに避難してきた男の子(2016年12月12日撮影)(C) UNICEF_UN044444_Al-Issa

On 12 December 2016, 10 year old Ahmed lives with over 6,000 other displaced people in Jibreen, a former warehouse turned in to a shelter.  With both parents dead and no other relatives to look after him or his four siblings, Ahmed came to the shelter from East Aleppo with neighbors.

Winter is the latest threat to children in conflict-ridden Aleppo.

As people continue to flee the besieged Syrian city of Aleppo, UNICEF is working to reach displaced families with the supplies they need to survive the brutal winter. Some children have lost or become separated from their families, leaving them even more vulnerable.

Five days ago, 10-year-old Ahmed arrived in Jibreen, an industrial district on the outskirts of Aleppo. Ahmed’s parents were killed in the vicious conflict engulfing the city. He and his four siblings have nobody to take care of them and help keep them warm.

The journey to Jibreen was gruelling for five-year-old Rahaf, her two-year-old brother Wael, and their mother, who fled their home in east Aleppo. Their mother, a widow who suffered a shrapnel wound on her leg, had to wheel her children for hours until they could be transported by bus to the Jibreen shelter.

シリアのアレッポ東部から、 子どもを含む民間人が多数退避したものの、 いまだ多くの子どもたちが取り残されている状況を受け、 ユニセフ(国連児童基金)事務局長アンソニー・レークは以下の声明を発表しました。

アレッポ東部では、 この24時間に、 2,700人以上の子どもが退避することができました。
その中には、 病気や怪我をしている子どもや親と離れ離れになった子どもも含まれていました。

しかし、 アレッポ東部では、 依然として、
孤児などの弱い立場にある子どもたち数百人が取り残されています。
我々は彼らの安否を深く憂慮しています。
この子どもたちは、 緊急に退避できなければ、 命を落とすこともあるのです。

ユニセフはパートナー団体と協力し、
子どもたちを安全な場所に退避させる輸送手段とチームを待機させています。
我々は、 すべての紛争当事者に対して、
我々が安全かつ迅速に退避活動を実行するための許可を求めます。

■ 本信はユニセフ本部が発信した情報をもとに、 日本ユニセフ協会が編集・翻訳したものです。 本信の原文は、 https://www.unicef.org/media/media_94194.html からご覧いただけます。

こちらの記事もおすすめです。