ニュース

シンポジウム「道徳の教科化と道徳教育への期待」を開催1/1

麗澤大学は平成29年1月21日(土)、 柏の葉カンファレンスセンターにて、 シンポジウム「道徳の教科化と道徳教育への期待」を開催しました。 当日は小・中学校教員、 保護者など約150名が参加しました。

sub3

本シンポジウムは、 文部科学省委託「道徳教育の抜本的改善・充実に係る支援事業」として、 千葉県教育委員会、 柏市教育委員会、 千葉県PTA連絡協議会、 柏市PTA連絡協議会の後援のもと、 開催しました。

main

千葉県教育委員を務める本学の井出副学長による基調講演、 参加者による意見交換、 パネルディスカッションを通して、 道徳の教科化を見据えて、 学校、 家庭、 地域それぞれが行う道徳教育とは何か、 今後それぞれがどのような連携ができるかを深く考える時間となりました。

sub1

本学では、 平成30年4月の開設をめざして、 道徳教育の専門教師・専門研究者の養成を目的とする学校教育研究科道徳教育専攻修士課程の設置を構想しています。


■プログラム

  • 第I部 基調講演「道徳の教科化の背景、 何のための教科化か」井出 元(麗澤大学副学長、 千葉県教育委員)
  • 第II部 ワークショップ「道徳教育に何を期待するか」
  • 第III部 パネルディスカッション「子どもたちが未来の社会で活躍するための道徳教育とは」

ファシリテーター:八木秀次(麗澤大学教授・教育再生実行会議有識者委員)

パネリスト :鈴木 明雄(東京都北区立飛鳥中学校長・元全日本中学校道徳教育研究会会長)
       長谷川由美子(千葉県教育庁指導課指導主事)
       須藤 昌英(柏市教育委員会指導課統括リーダー)
       大田 紀子(千葉県PTA連絡協議会会長)
       吉田 智紀(柏市PTA連絡協議会会長)
       大沼 隆(公益社団法人 柏青年会議所理事長)
       江島 顕一(麗澤大学助教)