ニュース

シャイン・オン!キッズ チャリティディナーコンサート2017 ~国際小児がんの日 オペラの夕べ~ を開催いたします。1/1

国際小児がんの日(ICCD)である2月15日(水)にチャリティディナーコンサートを開催いたします。

2014年に続き、 オペラのソプラノ歌手の垣岡敦子様、 そして新たにテノール歌手の古橋郷平様をお迎えしてミニオペラコンサートをディナーと共にお楽しみいただきます。

もちろんファシリティドッグも会場でご挨拶いたします。

楽しいレセプション、 ラッフル(抽選会)、 リゾート宿泊券やジュエリーなど豪華賞品が揃うサイレントオークションもございます。

  • ファシリティドッグは体調、 天候等により不参加になる場合もございますので、 ご了承ください。

お申込は下記より

垣岡様と古橋様のご厚意で、 去る1月18日(水)に神奈川県立こども医療センターの1Fにて、 ニューイヤーコンサートもしていただきました。
入院されていらっしゃる患者様をはじめ、 200名を超える多くの方にお届けすることができました。

神奈川県立こども医療センター様には、 弊法人活動の軸の一つとなるファシリティドッグプログラムを導入頂いております。

sub4

ファシリティドッグとは

病院に常勤して医療チームの一員として働けるように、 専門的なトレーニングを受けた犬です。
ハンドラーとペアになって活動し、 単なる患者との触れ合いにとどまらず、 小児がんや重い病気の治療にも関わっています。

sub3
日本ではまだ、 静岡県立こども病院と神奈川県立こども医療センターにシャイン・オン!キッズが派遣する 2 頭(ゴールデンレトリーバー)しか存在しません。

ファシリティドッグの大きな特徴は、 毎日同じ病院に勤務し、 個々のニーズに合わせた活動を行うことです。 痛い検査や手術室への付き添い、 リハビリ支援なども行います。 いろいろな病院や施設を巡回訪問することはありません。

ときどき来て短い時間にふれ合うのではなく、 同じ犬がいつもそこにいて多くの時間を繰り返し過ごせることが、 入院治療している子どもたちの心の励みになります。

出演者のご紹介

垣岡敦子(ソプラノ)

sub1同志社女子大学学芸学部音楽楽科声楽専攻を首席で卒業。 同大学特別専修生修了後渡伊、 ミラノ音楽院で更に研鑽を積む。
読売新聞主催「日韓オペラコンサート」に日本代表。 2009年に完全帰国。
日本初演オペラの主役に次々に抜擢され日本人離れした声の響きとその容姿は、 新聞各方面から絶賛され、 今後更なる活躍が期待されている。

古橋郷平(テノール)

sub5大阪府吹田市出身、 生誕地は母の郷里の広島。 テノール歌手。
沖縄県立芸術大学に入学。 同大学院を経てイタリア・ボローニャ国立音楽院へ留学。
2008年イタリアで開催されたトスティ歌曲コンクールの本選で第3位を獲得し、 日本人初の入選という快挙を果たした。
2016年6月1日デビューアルバム「AMORE」がドリーミュージック・よりリリースされ、 話題を呼んでいる。

村上尊志(ピアニスト)

sub2藤原歌劇団や新国立劇場のオペラ公演のコレペティトゥーアとして活躍。 指揮者、 歌手、 演出家から絶大な信頼を得ている。 
ヴェルサイユ劇場の「コシファン・トゥッテ」で練習ピアニスト。 静岡国際オペラコンクールの公式ピアニスト。 現在東京藝術大学オペラ科及び声楽科講師。

クララ・ボダン(司会)

sub8生後2ヶ月からの28年のキャリアを誇るモデル、 女優。 トリリンガルMC&ナレーターとしても活躍中。
 現在はI Style Japanオーナーとして、 トータルビューティ&イメージコンサルティング・サロン、 イベント&ブライダルプランニング、 美容・ファッション関連のオンライン・ショップClara’s Secretの3つの事業も展開する。

黒田育美(ナレーション)

sub7NHK・テレビ朝日等でキャスターやリポーターとして16年間 報道の現場を踏み、 現在は各種企業や教育施設で「伝える力のある声と話し方」のセミナー、 様々な分野のコンサートにて生演奏と朗読・語りでコラボレーションする。 3月19日(日)には【子どもバイリンガルミュージカルコンサート♪~被災地の子ども達と小児がんと闘う子ども達を支援するチャリティーコンサート】を明治安田生命ホール(新宿)で開催する。