ニュース

子ども・子育てにやさしい街・松戸市で「松戸子育てフェスティバル」を開催1/1

子育てにやさしいまちづくりを進める松戸市は2月26日(日)、 「松戸子育てフェスティバル」を開催します。 市内で子育て支援を行っている団体が一堂に会して、 親子の遊びや子育て相談などを実施、 子育て応援イベントとしては同市の中でも最大級のイベントです。 毎年あかちゃんや未就学児たちを連れたママやパパで賑わいます。

今年11回目を迎える「松戸子育てフェスティバル」は、 「ひろげよう つなげよう 子育ての輪」をスローガンに、 地域の幼稚園や保育園、 NPO法人など市内の子育て支援を行っているさまざまな団体と行政機関が一緒になって企画・開催するイベントです。

過去10回の来場者数は述べ12,000人を超えます。
「子育てに関する情報がほしい。 でも子どもとも一緒に遊びたい。 」そんなママ・パパの声にこたえようと、 市内の団体が一丸となって、 親子で楽しむ遊びや、 情報・相談コーナーを一体化したイベントを開催してきました。

会場には、 親子ふれあい遊び、 絵本読み聞かせ、 手作り工作など、 日々の遊びのヒントにもなる企画が目白押し。
チーバくんや松戸さんなど地域のゆるキャラも集合、 ハイハイレースや寝相アートなどあかちゃんもわくわくするコーナーなどが数多くあります。

お子さんの健康や栄養・発達など、 子育て中の悩みや不安を気軽に相談できるコーナーや、 ママがほっと一息できるアロマハンドマッサージなど、 うれしいサービスも見逃せません。

来場者には、 オリジナルコットンバッグをプレゼント!肩にかけやすく、 会場でもらったプログラムやチラシをいれるのに便利。 もちろんエコバックとしても活用できます。

子育てを切れ目なく支援するためには、 組織という枠を超えて地域全体がつながり支えあうことが大切と考える松戸市。

「子育てフェスティバルは、 市全体で子ども・子育てを応援している松戸市ならではのイベントです。
子育て中のママ・パパはもちろんのこと、 未就学の子どもたち、 プレママ・プレパパ、 おじいちゃん・おばあちゃんなど家族みんなで気軽に遊びに来て楽しめるイベントなので、 ぜひご来場ください。 」と呼びかけます。

  • 開催時間は10時~15時。 参加費は無料です。

sub2

sub4 sub5 sub6 sub7

<イベントの概要>
1/日時
2017年2月26日(日曜) 10時から15時まで(受付は14時30分まで)
2/場所
健康福祉会館(ふれあい22) 松戸市五香西3丁目1番地1
新京成線八柱駅北口からバス
※当日「ふれあい22」の駐車場は使用できません。 松戸市立牧野原小学校の臨時駐車場にとめてください。 会場まで随時バスが運行しています。

3/内容
■イベント企画
10:00~    オープニング(1階エントランス)
10:30~11:30 親子でエクササイズ
11:45~12:45 おんがくであそぼう!ミニコンサート
13:00~13:45 親子ふれあい体操・ふれあい遊び
14:00~14:30 チーバくんとあそぼう!

■親子で楽しむ遊びの企画
親子のふれあい遊び、 絵本の読み聞かせ、 手作り工作、 ままごと遊び、 食育遊びなどわくわくするあそびがいっぱいです。

■子育て情報コーナー
さまざまな子育て情報を「子育てコーディネーター」が案内します。

■子育て相談コーナー
子どもの健康や栄養、 発達など、 子育てのあらゆる悩みや不安をそれぞれの専門家につなぎます。 助産師によるアロマハンドマッサージや母乳相談・育児相談(0~1歳対象)もあります。

■あかちゃん広場
ハイハイレース、 寝相アートなど、 あかちゃんが楽しめるコーナーです。

■おもちゃの病院
おもちゃドクターが壊れたおもちゃを修理してくれます。

4/主催
松戸子育てフェスティバル実行委員会[松戸市保育園協議会、 松戸市私立幼稚園連合会、 (社福)松戸市社会福祉協議会、 松戸子育て支援センター連絡会、 松戸おやこDE広場ネットワーク、 (社)千葉県助産師会松戸地区、 松戸市(子ども政策課、 子育て支援課・子どもわかもの課・幼児保育課・子ども家庭相談課・健康福祉会館・男女共同参画課・障害福祉課)、 松戸市教育委員会(生涯学習推進課・図書館)]

5/協賛
マブチモーター(株)、 信濃化学工業(株)、 (株)シブヤ、 和デリ、 千(株)、 チャイルドブック、 松戸中央自動車学校

【本件に関するお問い合わせ先】
■松戸市 子ども部 子育て支援課
所在地:松戸市根本387の5
TEL:047-366-7347 FAX:047-365-1009