ニュース

離床時の転倒や徘徊を予防する介護ベッド用見守りセンサー「EVER Relief」発売~ 誤報・失報が少ない離床センサーを開発、IoTで介護をサポート ~1/1

構造計画研究所は、 介護施設における課題解決を目的として、 非接触で体動や心拍・呼吸などのバイタルデータを感知できるセンサー技術を用いて、 ベッド上での起き上がり動作を高精度に検知できる介護ベッド用の離床リスク検知センサー「EVER Relief(エバー・リリーフ)」を開発し、 本日より販売を開始いたしました。

sub2
  • 介護ベッドに取りつけると、 ベッドでの起き上がり動作を検知してナースコールを鳴らします
  • 複数のセンサーで離床直前の状態を正確に検知、 誤報・失報の少ない見守りを実現します
  • バイタルセンサーによるセンシングで就寝中の心拍、 呼吸の異常時にも知らせます
  • 構造計画研究所による開発です(特許申請中)

 介護施設においては入居者単独での離床時に発生する転倒事故が後を絶たず、 施設側ではその予防に対策を迫られています。 そのため、 適切なタイミングで介助を行うべく、 各種センサーを用いて離床を検知しようと試みられていますが、 現場では以下のような課題が存在します。

離床時の転倒による怪我を予防したい
 入居者の怪我の原因は離床時の転倒によるものが最多

床に足をつく前にいち早く検知したい
 転倒リスクの高い入居者にとっては、 床に足をついた時点の呼び出しではすでに手遅れ

誤報や失報をなくしたい
 すでに各種離床センサーが販売されているが誤報や失報が多く、 それらが余計に介護スタッフの負担になっている

就寝中のバイタルデータ異常を検知したい
 看取り検知ができるように、 とのニーズがある

 また、 厚生労働省は、 入居者の人間としての尊厳を守る一つの手段として、 過度の監視や拘束が必要なくなる介護ロボット(見守り支援機器)の利用を推奨しています。

sub1

「EVER Relief」はベッドでの起き上がり動作を非接触で検知できる介護ベッド取り付け型のセンサーです。 「EVER Relief」がベッド上で人の起き上がり動作を検知すると、 自動的にナースコールを鳴動させ、 介護者に知らせます。
 複数のセンサーで要介護者の動作を 立体的にとらえる ことで、 現在、 普及している離床センサーに比べ、 誤報・失報 を大幅に減らすことが できます 。

 2014年に「バイタルセンサーを用いた施設型見守りシステム」として、 「EVER Relief」のアイデアが経済産業省の公募事業に採択されて以来、 構造計画研究所は関係者と協力しながら実証実験を行い、 ユーザー様(介護施設2件、 以下、 コメント掲載あり)のフィードバックを元に製品化を進めてまいりました。

 構造計画研究所は、 近年、 新たにIoT関連ビジネスを立ち上げ、 国内外の有用なIoT技術を積極的に取り入れ、 提案してまいりました。 当社が今まで培ってきたデバイス/センサー技術、 クラウド技術およびデータ分析技術を組み合わせた社会への価値提供のひとつとして、 この度、 「EVER Relief」の販売を開始いたします。 「EVER Relief」は介護施設を中心とした販売を予定しており、 5年間で7,500台の販売を目指します。

 引き続き、 有用なIoTデバイス・プラットフォームも合わせてご提案することで、 建物の安心・安全はもとより、 その建物内で暮らす皆さまの“安全性”と“快適性”の向上を実現いたします。

  • EVER Relief の 詳細資料・ご購入・ お見積もり は公式サイト まで お問い合わせください。
    (使用イメージ動画あり)
    http://www .kke.co.jp/EVER_Relief/