ニュース

六甲高山植物園 麗らかな春の訪れ ~ザゼンソウが見頃を迎えました~1/1

六甲山観光株式会社が、 六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では、 春の訪れを告げる花「ザゼンソウ」が見頃を迎えています。

陽気が差し込む園内には、 妖艶な美しさを持つ春の花「ザゼンソウ」が湿地帯に広がり、 春の訪れを告げます。
暖かい気候が数日間続いたため、 今年は開花が早く、 紅色の美しい仏炎苞(ぶつえんほう)が次々と土の中から顔を出し、 花を咲かせています。

◆ザゼンソウ(サトイモ科)

sub1

北海道・本州の湿地に生える高さ20cmほどの多年草です。
雪が溶けると間もなく、 濃い茶色の仏炎苞がむっくりと顔を出します。
その姿が、 ダルマ大師が座禅を組んでいるようにみえるため、 「ザゼンソウ」と和名が付けられ、 別名「ダルマソウ」とも呼ばれます。

ミズバショウと同じ仲間で、 葉は花が終わるころに伸びてきます。
なかなか見ることのない紅色の仏炎苞に驚く方は多く、 早春の季節に人気を集めています。
当園に咲く「ザゼンソウ」は、 3月末までお楽しみいただける見込みです。

六甲高山植物園

TEL:078-891-1247/FAX:078-891-0137

〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

HP: https://www.rokkosan.com/hana/

◆営業概要(2017年)

【開園期間】

3月18日(土)~11月23日(木・祝) ※9月7日(木)は休園

【開園時間】

10:00~17:00(16:30 受付終了)

【入園料】

大人(中学生以上)620円 / 小人(4歳~小学生)310円 / シニア割引(65歳以上)520円

こちらの記事もおすすめです。