ニュース

2017年度 遊YOU米フォーラム―大ぜいで「食の自給圏」をつくり続ける価値 を4月10日に開催します【生活クラブ生協・神奈川】1/1

生活クラブ生協は、 生産者と組合員が品種から、 栽培方法、 お米の値段まで話し合って開発した「遊YOU米」に取り組んできました。 生産地である山形県遊佐町と生活クラブの提携関係は40年以上にわたります。 世界の食糧不足が叫ばれる一方、 日本の米消費率は下がり続けています。

main 46

生活クラブと山形県遊佐町との「提携」の歩みを振り返るとともに、 食料の未来をつくるために今後どのような活動が展開できるのかを考える、 遊YOU米フォーラムを神奈川県民ホール・小ホールで4月10日(月)に開催します。


【2017年度 遊YOU米フォーラム―大ぜいで「食の自給圏」をつくり続ける価値】

■日時 2017年4月10日(月)10:15 ~ 12:45
■場所 神奈川県民ホール 小ホール
<申込み不要>
※託児はありません


  • 基調講演

テーマ「世界と日本の食料、 米をめぐる情勢と共同開発米の価値」
講師 辻村 英之 氏 (京都大学農学研究科准教授)
生活クラブと遊佐・共同開発米事業の提携実践を研究し発表した著書「農業を買い支える仕組み」が日本協同組合学会 学術賞を受賞。

  • パネルディスカッション

尾形長輝 氏(遊佐町共同開発米部会 会長)
加藤好一 氏(生活クラブ連合会 会長)
小林利明 氏 (共生食品(株) 営業部長)
大久保明美 氏 (生活クラブ神奈川 副理事長)
コーディネーター 半澤彰浩 氏 (生活クラブ生協 専務理事)