ニュース

第2回災害時の連携を考える全国フォーラムを開催(5月26日・27日 東京)1/1

災害時に被災者支援に関わる団体同士で、今後の災害に備えて連携を進めるための場として開催します。 認定特定非営利活動法人日本NPOセンターが参加団体として参画している特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワークが、 5月26日(金)~27日(土)、 国際ファッションセンター KFCホールにて、 「災害時の連携を考える全国フォーラム」を開催します。

main

日本では2016年も、 地震や水害などにより、 多くの被害がもたらされました。
一方で、 被災者支援を行う団体が増え、 災害に備える取り組みも各地で始まっています。

こうした「防災・減災」の動きは、 行政、 企業、 大学、 職能団体、 NPOなどによって進められています。 しかし、 これらの組織がお互いを理解する機会は限られています。

災害時にさまざまな支援者の力が最大限に発揮され、 被災した地域の実情にあった活動が行われるには、 官と民、 民と民の「連携」が不可欠です。
この全国フォーラムは、 災害に備えて平時からの連携を進めるため、 支援関係者“すべて”が集う場として開催されます。

sub1

■概要
日時:2017年5月26日(金)13:00~20:00・27日(土)9:00~15:40
場所:国際ファッションセンターKFCホール(東京都墨田区横網一丁目6番1号)

内容:パネルディスカッション、 支援テーマごとの10の分科会など
参加費:10,000円(1日のみの参加は7,000円)
申込方法: http://jvoad.jp/forum/ をご覧ください
定員:300名

主催:特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク
共催:災害ボランティア活動支援プロジェクト会議
後援(予定): 内閣府政策統括官(防災担当)、 復興庁、 総務省消防庁、 厚生労働省、 国土交通省、 岩手県、 宮城県、 福島県、 茨城県、 東京都、 熊本県、 日本財団、 日本労働組合総連合会、 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター、 1%(ワンパーセント)クラブ

プログラム(予定)

◆26日 過去の災害の教訓と今の連携を学ぶ

○オープニング
・開会挨拶/趣旨説明
・来賓あいさつ
・パネルディスカッション「阪神淡路大震災から今日までの災害対応の変遷を振り返る」
○分科会
1:避難所・避難生活における支援
2:災害時に機能する都道府県域の支援ネットワークづくり
3:東日本大震災における民間支援の現状と課題?中間支援組織の取組を中心に?
4:現場で活かせる世界の共通ルール~進化する支援の国際基準~
5:企業による被災者支援
○交流会

◆27日 連携について今後の課題解決を考える

○全体セッション1「熊本地震から考える、 支援のコーディネーション」
○分科会
6:多様な支援者がつながるために(医療、 福祉、 法律、 技術系など)
7:都道府県域における訓練・研修について(都道府県域における民間ネットワークの取り組み)
8:災害時における支援に必要な情報の集約
9:災害対応における助成のあり方
10:官民連携の深化と平時施策への展開
○全体セッション2/クロージング
・分科会からの報告と次への備えを考えるリレートーク
・閉会挨拶