ニュース

医師、トリマー、ドッグトレーナーを中心とした専門家チームが犬猫の保護活動を支援する新団体「つむぎ」設立1/1

犬猫の保護団体や保護犬・保護猫の飼い主になった方を支援するため、 獣医師、 トリマー、 ドッグトレーナーなどの専門家が中心となって2016年12月に設立された一般社団法人「つむぎ」は、 4月3日(月)より動物病院やトリミングサロン、 ドッグトレーナーなどを保護団体が最大50%割り引き、 保護犬猫の飼い主が15%割り引きで利用できる「団体・里親向け割引サービス」を提供開始します。

main

つむぎは「保護犬・保護猫の未来をつむぐ。 」を活動理念に、 今後も動物病院やペットサロンでの一時預かりサービスや殺処分問題の解決に向けた啓発イベント・セミナーの開催など、 専門家の知識や経験、 技術を生かした活動を進め、 犬猫の幸せな未来をつむいでまいります。

sub1

  • 「つむぎ」設立の背景

現在、 日本では2000万匹の犬猫が私たちと共に暮らしています。

新しく家族に迎えられる数は年間75万匹と言われていますが、 一方で13万匹が行政に引き取られ、 8万匹以上が殺処分されています。
その数は年々減少しているものの、 問題解決にはまだ遠いというのが現状です。

解決に向け、 各地でさまざまな保護団体がボランティア活動を展開していますが、 動物病院やペットサロン、 ドッグトレーナーなどの支援は個々の話し合いや想いによって成り立っており、 「支援をお願いしたいけれど誰にどこまでのお願いをしていいのか分からない」「支援をしたいが誰にどんな支援を提供すればいいのか分からない」といったミスマッチも起きていました。

そこでつむぎは、 支援を提供する側である獣医師、 トリマー、 ドッグトレーナーが集まって横のつながりを作り、 支援内容や支援者を明らかにすることで、 ミスマッチを無くすことができるのではないかと考えました。

さらに保護団体だけでなく保護犬・保護猫の飼い主になった方にも支援を行うことで、 飼うことを検討している方の不安を和らげ、 殺処分問題の解決に寄与することができるのではないかと考えました。

  • 「団体・里親向け割引サービス」の概要

sub2

つむぎが提供する「団体・里親向け割引サービス」を利用できるのは、 以下の四つのいずれかに当てはまる団体・飼い主です。
つむぎの団体登録の際は審査が必要となりますが、 OMUSUBIに登録している団体は無審査でつむぎのサービスを利用することが可能です。

・つむぎの登録団体

・つむぎの登録団体から譲渡された犬猫の飼い主

・OMUSUBIの登録団体

・OMUSUBIの登録団体から譲渡された犬猫の飼い主

登録団体は、 動物病院での診察・治療費が最大50%割り引き、 トリミングサロン利用料が30%割り引き、 ドッグトレーニング利用料が20%割り引きで利用できます。

飼い主は、 各施設の利用が対象となる犬猫の一生涯にわたり15%割り引きとなります。 なお割り引き後にペット保険を併用して利用することも可能です。

利用料は、 つむぎ・OMUSUBIの登録団体とつむぎの登録団体から譲渡された犬猫の飼い主は無料ですが、 OMUSUBIの登録団体から譲渡された犬猫の飼い主の場合は、 OMUSUBIが提供する「保護犬猫あんしんパック」サービスの一環としての利用となるため、 別途1万800円(税込み)の利用料が必要となります。

sub3

4月1日の提供開始時点での登録済み施設数は、 動物病院が9施設、 トリミングサロンが6施設、 ドッグトレーナーが4施設。 協賛企業は5社となっています。 今後も順次提供数・エリアを拡大させていきます。

・登録済み施設、 協賛企業の一覧: https://www.tsumugi-pet.org/
施設・協賛企業の参加は随時募集しております。 ご検討いただける方は、 つむぎ公式サイトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • 「団体・里親向け割引サービス」の狙い

1. 支援活動の透明性向上

「団体・里親向け割引サービス」は、 支援を受ける側と提供する側のミスマッチ解消を目的としたものであるとともに、 支援活動の透明性を上げることも目指しています。

現在は割り引き率の設定となっていますが、 今後は価格表示も検討していきます。

2. 支援者の社会的支援

動物病院・トリミングサロン・ドッグトレーナーの支援はこれまで「想い」に頼った草の根的な活動になりがちでしたが、 支援の輪を広げていくためにはビジネスと両立できるものでなければいけません。

つむぎへの参加を明示することは、 社会的なブランディングにつながるとともに、 保護団体経由の飼い主をはじめとした新規顧客の流入が見込めます。

また、 つむぎへの寄付金を割引サービスに還元することにより、 支援者の負担軽減につなげます。

こちらの記事もおすすめです。