ニュース

シングルマザーとそのこどもたち、シニアが同居する現代版”下宿”、クラウドファンディングでプロジェクト開始!1/1

『ひとり親とこどもの支援』を手掛ける、 シングルズキッズ株式会社は、 2017年3月27日よりクラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにてシングルマザーとそのこどもたち、 シニアが同居する現代版"下宿"のプロジェクトを開始いたしました。

Print

1階では管理人である保育士のシニアが在宅、 日中はサロンカフェ、 夕方から地域食堂を開催。 

2階はシングルズキッズとママのシェアハウス。 (広さは一部屋8.25m2 ~16.5m2 、 家賃は6.2万~10.7万円+夕食等サービス費4.5万円)

管理栄養士などプロフェッショナルが夕食メニューを考えたり、 シングルズキッズをサポートしたい方やご近所のシニアの方に先生になってもらったり、 みんなでシングルズキッズたちを支える事業となります。

一枚【背 景】 

平成27年国勢調査では日本の人口約1億2709万人に対し、 15歳未満のこどもの数は約1588万7千人、 そのうち約262万人、 17%のこどもが 『シングルズキッズ』 として、 ひとり親世帯で暮らしています。

平成23年国勢調査ではひとり親の世帯数は146.1万世帯。 (母子家庭123.8万世帯、 父子家庭22.3万世帯)

シングルズキッズとして育った方たちへの独自アンケート調査では、 一人で過ごす時間が多い、 核家族化で祖父母との触れ合いがなく日本の文化を知らない、 習い事を我慢するなど、 母親の経済状況・生活環境によって、 暮らしの状況が左右される事が分かっています。

  • シングルズキッズ  MANAHOUSE上用賀

sub1

【事業の目的】 

こういった状況があるため、 シングルズキッズたちに温かい食事の提供、 周りの大人たちとのコミュニケーション、 同じような環境で過ごしているこどもたちの繋がりをつくる環境を提供したいという想いから、 この事業を開始することとなりました。

【製品・サービスの概要】

場所は東京都世田谷区の田園都市線用賀駅徒歩15分の一戸建て。
2階は4世帯のシングルマザーとこどものシェアハウス、 1階は管理人として保育士、 幼稚園教員資格を持つ保育経験30年のプロフェッショナルなシニアが在宅。 要望があれば保育園お迎えも可能です。 (別途費用)

大きなリビングではこどもたちが、 温かく楽しいごはんを大勢で食べられるよう平日夕食提供があります。

  • クラウドファンディング参加方法

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」よりお申込みください。

  • クラウドファンディング概要 

“シングルズキッズ=ひとり親で育つこども”たちとシングルマザーが、 シニアが管理する物件で同居し、 多様な大人たちと楽しく温かいご飯を食べることができる現代版の下宿をつくります。

■クラウドファンディング達成後の流れ
・4月に参加型DIYリターン
・5月よりリフォーム開始
・6月上旬オープン

こちらの記事もおすすめです。