ニュース

なでるだけで手軽にできる認知症ケア、久留米で初の講座開催1/1

セラピューティック・ケアの基礎を学べる入門講座を2017年4月26日(水)に久留米市市民活動サポートセンターみんくる(福岡県久留米市六ツ門)で開催する。

main

なでるだけで手軽にできる認知症ケア
久留米で初の講座開催
~ セラピューティック・ケア入門講座 ~

認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会は、 セラピューティック・ケアの基礎を学べる入門講座を2017年4月26日(水)に久留米市市民活動サポートセンターみんくる(福岡県久留米市六ツ門)で開催する。


【「入門講座」実施概要】

イベント名:セラピューティック・ケア入門講座
開催日:2017年4月26日(水)10:30~15:30
会場名:久留米市市民活動サポートセンターみんくる セミナー室2
(福岡県久留米市六ツ門町3-11 くるめりあ六ツ門6階)


【入門講座開催の経緯】

「セラピューティック・ケア」は、 器具や薬剤を使わず、 服の上から首や肩、 手や腕などを優しくなでることでストレスを軽減し、 心身を癒やす英国赤十字社考案のメンタルケア。
一定の圧をかけながらなでることで、 脳から分泌される癒しホルモン「オキシトシン」(緊張や不安を軽減し安らぎを感じさせる働きがあるホルモン)の効果により、 痛みやリスクなく認知症の問題行動が改善され、 また終末期の患者にも行えるケアとして、 全国18都道府県93か所の介護施設・病院でボランティアにより定期的に提供されている。

今年の2月4日(土)・5日(日)に久留米シティプラザ(福岡県久留米市)で開催された「第24回 日本ホスピス・在宅ケア研究会 全国大会」では、 全国から訪れた介護・看護関係者400名以上が体験ブースを訪れるなど、 専門職の間でも大きく注目されている。

来場者からの希望が多かったため、 このたび久留米で初めて講座を開催することとなった。

【入門講座で実施する内容】

sub1
セラピューティック・ケアの理論と実技の基礎が学べ、 その日から実践できる初心者向きの内容。
3月11日に北海道・苫小牧で実施された講座では、 新聞掲載当日から申込みが殺到し、 50名以上が受講された人気の講座。

時間:10:30~16:30 (休憩1時間)
受講料:5,000円(教材費込)
対象:家庭介護者、 介護・看護の専門職、 ふれるケアに関心のある方どなたでも参加証発行

【プログラム】

ネック&ショルダーケア実習、 ハンド&アームケア実習、 オキシトシン効果とは、 爪と手および首と肩の解剖生理学 他

認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会について
【団体概要】
団体名:認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会
所在地:福岡県太宰府市五条2-6-1-202
代表者:秋吉 美千代
設立:2005年
URL: http://therapy-care.net/


事業内容:日本にセラピューティック・ケアを導入した英国赤十字社公認団体として、 全国18都道府県93か所の介護施設・病院を訪問しセラピューティック・ケアで訪問ボランティアのほか、 ボランティア養成や介護・看護職のキャリアアップ支援、 子育て支援、 被災地支援、 小中高等学校での授業支援等を行っている。

こちらの記事もおすすめです。