ニュース

「働く女子」には、悩みがいっぱい!!!1/1

『女子の働き方 男性社会を自由に歩く「自分中心」の仕事術』 2017年4月14日(金)発売

【書籍情報】
書名:『女子の働き方 男性社会を自由に歩く「自分中心」の仕事術』
著者:永田潤子
定価:本体1,350円+税
ISBN:978-4-905073-91-8
判型:四六判並製 240ページ
発行:文響社

「働く女子」には、 悩みがいっぱい!!!
□ 「与えられた仕事」にやる気を出すなんて、 無理
□ 頑張って成果は上がっているんだけど、 毎日なんだか物足りない
□ 上司に「(都合よく)つかわれる」一方で、 手柄を横取りされている
□ 男性上司に、 自分の発言が軽んじられている
□ 年上男性が部下になった!どうしていいのかわからない

男性の皆さんへ
あなたの職場の「困った女子」の対応策、 女性社員を上手に動かすコツも、 わかります。

ビジネスは、 「男のルール」で動いてる。
そんな中で、 会社人間にならずに女子が仕事を楽しむコツ、 教えます。

main

著者:永田潤子がこの本を書くまで ……本書に関わる部分

1961年
福岡県生まれ

1978年
海上保安大学校入学
…… 同大学校が女性に門戸を開放した初年度に、 唯一の女子学生として入学。 男性だらけの環境で、 全寮制で海上保安業務他を学ぶ。

1982年
海上保安庁勤務。 巡視船勤務、 霞ヶ関勤務
…… 同僚は男性ばかり。 海上保安庁における女子の地位を切り拓く。

1987年
26歳で、 女性初・最年少で巡視艇「まつなみ」船長となる
……昭和天皇のお召し船船長という栄転。
とはいえ、 周囲の部下は年上のベテラン男性ばかりの状況に四苦八苦する。

1990年
埼玉大学大学院政策科学研究科(現:政策研究大学院大学)にて、
政策分析・意思決定を研究(政策分析修士)。
……海上保安庁での問題意識を解決すべく、 研究の道へ。

1995年
行政官・巡視船幹部としてキャリアを積み、 大阪大学経済学研究科入学

1997年
海上保安大学校行政管理学講座助教授に就任
…… 女子教育・人材育成に注力。 多くの女性たちが、
自分と同じように伸び悩み、 課題を抱えていることに気づく。

2003年
大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授に就任。

2008年
大阪府橋下知事のブレイン(特別顧問)として改革に携わる
企業のCSRにアドバイザーとしても企業の社会変革に関わる

2017年
実地で学び、 理論で裏付けた「仕事術」をすべての働く女性に向けて
『女子の働き方』にまとめる

企業研修・講演多数。
今、 「働き方」がもっとも注目されている、 働く女性のパイオニアです!!