ニュース

不妊治療で赤ちゃんが授かるかどうか、オンラインで予測できる新しい計算機が公開される1/1

不妊治療の予後を予測できる計算機を開発したアバディーン大学の研究者は、不妊治療の計画を立てる上で、このツールが役立つだろう、と話します。

ipad-1721428_640

この不妊治療のオンライン計算機は、過去にIVF治療を経験した女性 113,000人のデータに基づいています。

不妊治療で赤ちゃんを授かれるかどうかを予測する計算機は他にもありますが、この予測ツールの特徴はIVF治療における重要な6つのサイクルと、凍結胚を計算に入れていることです。


OUTCOME PREDICTION IN SUBFERTILITY(通称:OPIS)


「OPIS」には二つの機能があります。

一つは体外受精の治療を受ける前に赤ちゃんのチャンスを予測するもの。

もう一つは最初の胚移植の点から1以上の不妊治療サイクルの後に、赤ちゃんのチャンスをゲットできるかどうかを予測するものです。

アンケートは、Yes or No、年齢と不妊治療の予定期間、IVF(体外受精)・ICSI(卵細胞内精子注入法)どちらをおこなう予定か?解答するものです。

選択後、下部に結果が出るようになっています。

「OPIS」不妊治療を行えば、赤ちゃんが授かるかどうかの予測ツール

OPIS Pre IVF

解答要項(左上から)

年齢

妊娠経験があるかどうか?

不妊治療を行う予定期間

チューブに問題があるかどうか

排卵に問題があるかどうか?

男性に不妊因子があるかどうか

原因不明の不妊問題があるかどうか?

IVF(体外受精)、ICSI(卵細胞内精子注入法)どちらを行う予定ですか?

「OPIS」不妊治療一回~サイクル後に、赤ちゃんが授かるかどうかの予測ツール

OPIS Post IVF

解答要項(左上から)

年齢

妊娠経験があるかどうか

不妊治療を行う予定期間

チューブに問題があるかどうか

体外受精の最初に何個の卵子を採取したか

IVF(体外受精)、ICSI(卵細胞内精子注入法)、最初にどちらをおこなったか?

最初の胚移植はどのような方法でおこなったか

最初のサイクルで凍結胚をおこなったかどうか

女性が妊娠できるかどうか?
年齢はとくに重要な因子です。

一般的に、妊娠のチャンスは30歳を過ぎると下降していきます。 
不妊治療の目安として、この予測ツールを使用されてはいかがでしょうか。

ただ、残念ながらこの予測ツールには、測定不能の特性がいくつかあります。

BMIや国籍、タバコの喫煙やアルコールの要因が追加されていませんし、出た結果が必ずしも正確ではありません。
が、この予測ツールは胚研究認可局のデータを使用し、4年間かけて完成されたものです。大事に使用したいものですね。

written by 執事