ニュース

  • ハーフ顔と日本人顔、どっちが素敵?(その13)ハーフ顔を日本人顔にするには?

    ハーフ顔と日本人顔、どっちが素敵?(その13)ハーフ顔を日本人顔にするには?

    ハーフ顔を日本人顔にしたいなんて、何とも贅沢な悩みだと思われる方も多いかも知れませんが、実際、大手美容外科には、しばしばそういう希望を持って受診される方がいると言います。特に、両親ともに先祖代々の日本人でありながらも、ハーフのような顔立ちに生まれてしまった人は少なくなく、彼ら彼女らにとっては、それが大きなコンプレックスだと言うのです。

  • 日本人家族性 筋萎縮性 側索硬化症(ALS)の遺伝的背景の解明に一歩近づく

    日本人家族性 筋萎縮性 側索硬化症(ALS)の遺伝的背景の解明に一歩近づく

    家族発症歴のある日本人の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因遺伝子を次世代シークエンサー[※1]によって幅広く解析した結果、ALS 発症に関わる複数の遺伝子変異が明らかにされました。 ※1. 次世代シークエンサー: 数千万~数億の DNA 断片の塩基配列を同時並列的に決定することで、短期間でギガ(10 億)単位での塩基配列を決定出来るシークエンサー。

  • 精子がない「無精子症」の発症メカニズム、徐々に解明に近づく

    精子がない「無精子症」の発症メカニズム、徐々に解明に近づく

    精液に正常な精子がなく、子どもを授かることができない夫婦の方々がいます。EDとはまた少し違う無精子症ですが、その発症メカニズムは不明なままでした。

  • 要指導医薬品とは?普通に販売している市販のお薬と何が違うの

    要指導医薬品とは?普通に販売している市販のお薬と何が違うの

    2013年の改正薬事法で規定されたもので、医師の処方箋が必要な“医療用医薬品”から、処方箋がなくても購入できる“第一類医薬品”に区分が変わったばかりで安全性に関する評価がまだ終わっていない市販薬と劇薬、毒薬がこの“要指導医薬品”に該当するのです。

  • 【小児がんと闘う家族を応援!】ジャパンハートのすまいるスマイルプロジェクトin東京ディズニーランド【参加者募集】

    【小児がんと闘う家族を応援!】ジャパンハートのすまいるスマイルプロジェクトin東京ディズニーランド【参加者募集】

    NPO法人ジャパンハート主催 医療者のサポートで小児がんのお子さまとご家族様とのかけがえのない時間を一緒に過ごしませんか?

  • 不老不死の研究が加速している理由

    不老不死の研究が加速している理由

    「不老不死」とは、老いることも死ぬこともない状態のこと。 古代中国で生まれたものの考えの一つである。

  • ヨーロッパ難民危機―危険なルートを移動するも、バルカン諸国の国境で、違法に押し戻される難民・移民の子どもたち

    ヨーロッパ難民危機―危険なルートを移動するも、バルカン諸国の国境で、違法に押し戻される難民・移民の子どもたち

    【2017年1月24日ベオグラード発】 子ども支援専門の国際NGOであるセーブ・ザ・チルドレンによると、 昨年3月のEU-トルコ合意により、 バルカン諸国を通過する難民は、 非常に危険なルートの選択を余儀なくされており、 気温が氷点下になる中で山や森を移動する子どもたちは、 野犬からの襲撃や、 警察と違法な渡航支援業者双方からの暴力行為にさらされています。

  • 若干19歳で計5つの癌腫瘍と闘ってきた女性、2017.1月に死去。要因を考察する

    若干19歳で計5つの癌腫瘍と闘ってきた女性、2017.1月に死去。要因を考察する

    2016年5月に腸に癌ができていると診断され、闘病を続けていたHannan Lysonさんが今月、死去したニュースが報じられています。彼女の腸と肝臓には5つの癌腫瘍ができており、医師から治療法がないと宣言されていました。享年20歳でした。

  • 障害者アーティストを支援するイベントショップ「 ARTBILITY+(アートビリティ・プラス)」が池袋マルイにて期間限定OPEN!

    障害者アーティストを支援するイベントショップ「 ARTBILITY+(アートビリティ・プラス)」が池袋マルイにて期間限定OPEN!

    池袋マルイでは、 1月27日(金)~2月9日(木)の期間限定で、 障害者アーティストを支援するイベント「ARTBILITY+(アートビリティ・プラス)」を開催いたします。

  • 食べすぎる・食べられない、摂食障害は18歳未満の子たちだけの問題ではない。今注目の集まる未来の医療技術

    食べすぎる・食べられない、摂食障害は18歳未満の子たちだけの問題ではない。今注目の集まる未来の医療技術

    摂食障害は18歳未満の若い人たちだけの問題ではない。彼女たちは沈黙し、苦しんでいるー 一般的に、10歳代の若い女性が外見を病的に気にすることで引き起こされやすい、と思われている摂食障害ですが、これは何も若い女性だけに起こることではありません。