ニュース

  • イラク/モスル東部:2年ぶりの学校へ-30校が授業再開

    イラク/モスル東部:2年ぶりの学校へ-30校が授業再開

    モスル東部の再開された学校で授業を受ける男の子。 (2017年1月23日撮影)提供:(公財)日本ユニセフ協会

  • シンポジウム「道徳の教科化と道徳教育への期待」を開催

    シンポジウム「道徳の教科化と道徳教育への期待」を開催

    麗澤大学は平成29年1月21日(土)、 柏の葉カンファレンスセンターにて、 シンポジウム「道徳の教科化と道徳教育への期待」を開催しました。 当日は小・中学校教員、 保護者など約150名が参加しました。

  • これから革新をもたらす3大医療

    これから革新をもたらす3大医療

    未来を変えることになるのではないか?と、噂されている3大医療技術について、そして、街中の人たちはこうした革新的医療についてどういった感情を持っているのかを掲載していきます。

  • 進学支援に特化した独自の取り組み「発達障害(LD、ADHD、ASD)・グレーゾーンの進路選択セミナー」開催のお知らせ

    進学支援に特化した独自の取り組み「発達障害(LD、ADHD、ASD)・グレーゾーンの進路選択セミナー」開催のお知らせ

    2月25日(土)に大阪、 2月26日(日)東京にて開催。 発達障害児童の進学支援に特化した「個別指導のコーチング1」による、 LD、 ADHD、 ASD等の発達障害・グレーゾーン児童の保護者を対象とした進路選択セミナー。 「特別支援教育」と「普通教育」のメリット・デメリットを比較しながら、 中学受験・高校受験の可能性を考えるイベントです。

  • 「BRCA変異があると乳ガンになるの間違い」アンジェリーナ・ジョリーさんは乳房を切除する必要はなかった。真のマーカーはtMK

    「BRCA変異があると乳ガンになるの間違い」アンジェリーナ・ジョリーさんは乳房を切除する必要はなかった。真のマーカーはtMK

    国内でも話題となったアンジェリーナ・ジョリーさんの乳ガンを予防するための胸の切除。もしかしたら国内でも乳ガンを予防するため、切除をお考えの方もいらっしゃるのかも知れないが、少し待っていただきたい。乳房の切除を行う前に、日本分子腫瘍マーカーの工藤憲雄さんにお伺いしたこの知見をご覧になっていただきたい。

  • 16歳の頃からPCOSを持っていた女性の決意「これを知らずに他人を判断するのをやめてほしい」

    16歳の頃からPCOSを持っていた女性の決意「これを知らずに他人を判断するのをやめてほしい」

    思春期の頃からPCOSに悩んできた女性が、自分の症状を紹介しながら、外見で人を判断しないでほしいと訴えています。

  • 国立新美術館「第20回エイズチャリティー美術展」にパソナハートフル「アート村」の障害者アーティスト14名が出展

    国立新美術館「第20回エイズチャリティー美術展」にパソナハートフル「アート村」の障害者アーティスト14名が出展

    株式会社パソナハートフルは、 国立新美術館にて開催される Heart Art in TOKYO 2017「第20回エイズチャリティー美術展」に、 知的障害のあるアーティスト社員14名が、 日本の伝統文化をテーマに描いた絵画約50点を出展いたします。

  • ハーフ顔と日本人顔、どっちが素敵?(その12)日本人は本当にハーフ顔になれるのか?

    ハーフ顔と日本人顔、どっちが素敵?(その12)日本人は本当にハーフ顔になれるのか?

    典型的日本人顔からハーフ顔になるためには、美容整形しかないというのが現実でしょう。しかし、それは並大抵の事ではない事は、これまでの説明でお分かり頂けた事と思います。

  • ガン患者の開発した「口に入れても大丈夫なシャンプー」全国展開へ

    ガン患者の開発した「口に入れても大丈夫なシャンプー」全国展開へ

    シャンプー体験者の50%が購入、ママ層の圧倒的な人気を受けて、ネット販売を開始。 株式会社トゥリーハウスの開発した「素敵なシャンプー」は、 テスト店舗での圧倒的な人気を受け、 ネット販売を開始しました。

  • ハーフ顔と日本人顔、どっちが素敵?(その11)女の武器をオープンにするには?

    ハーフ顔と日本人顔、どっちが素敵?(その11)女の武器をオープンにするには?

    西洋人やハーフの人たちのような大きくてシャープな素敵な瞳! やはり私たち日本人が手に入れるには、中々大変です。眼瞼下垂や一重まぶたなど、様々な敵が立ちはだかります。中でも一番の強敵と言えるのが蒙古ひだでしょう。