『ガン胎児増殖因子(tMK』の記事一覧

  • ついに人類がガンを克服する時代が来るか。転移癌の因子(短縮MK)と今後重要になってくる標的分子

    ついに人類がガンを克服する時代が来るか。転移癌の因子(短縮MK)と今後重要になってくる標的分子

    癌が転移を起こす絶対条件である基底膜の分解と血管形成の2つを単独で成しえている唯一の因子「癌胎児増殖因子(tMK)」の発症メカニズムと、これからの癌治療においてもっとも大切になってくるであろう標的因子について日本分子腫瘍マーカー研究会 工藤憲雄さんにお話を伺いっています。

  • 免疫力を過信していませんか?免疫細胞について知ることで、ガン治療を見極めよう!

    免疫力を過信していませんか?免疫細胞について知ることで、ガン治療を見極めよう!

    ガン治療において、免疫という言葉がよく使用されています。免疫はもちろん大切な要素ですが、多くのガン患者さんがその効果を過信しすぎている気がします。正しい治療選択のためにも、免疫細胞というものを今一度知っておきましょう。

  • B型肝炎ウイルス感染者が絶対に見過ごしてはならない知見とは

    B型肝炎ウイルス感染者が絶対に見過ごしてはならない知見とは

    多くのB型肝炎ウイルス感染者が知らないであろう知見があります。それも特許知見であったtMKが握っていました。この記事では未だ多くの人が知らないB型肝炎ウイルスにおける最新知見について、日本分子腫瘍マーカー研究会 工藤憲雄さんにお伺いしていきます。

  • 若干19歳で計5つの癌腫瘍と闘ってきた女性、2017.1月に死去。要因を考察する

    若干19歳で計5つの癌腫瘍と闘ってきた女性、2017.1月に死去。要因を考察する

    2016年5月に腸に癌ができていると診断され、闘病を続けていたHannan Lysonさんが今月、死去したニュースが報じられています。彼女の腸と肝臓には5つの癌腫瘍ができており、医師から治療法がないと宣言されていました。享年20歳でした。

  • 「BRCA変異があると乳ガンになるの間違い」アンジェリーナ・ジョリーさんは乳房を切除する必要はなかった。真のマーカーはtMK

    「BRCA変異があると乳ガンになるの間違い」アンジェリーナ・ジョリーさんは乳房を切除する必要はなかった。真のマーカーはtMK

    国内でも話題となったアンジェリーナ・ジョリーさんの乳ガンを予防するための胸の切除。もしかしたら国内でも乳ガンを予防するため、切除をお考えの方もいらっしゃるのかも知れないが、少し待っていただきたい。乳房の切除を行う前に、日本分子腫瘍マーカーの工藤憲雄さんにお伺いしたこの知見をご覧になっていただきたい。

  • ガンの転移はステージ0でも起こっている、米公式より新しい知見が発表される

    ガンの転移はステージ0でも起こっている、米公式より新しい知見が発表される

    『転移ガンの80%が初期に散らばったガン細胞に由来していて、すでに大きくなっているガンの腫瘍由来ではない』米公式より、転移ガンに関する最新知見が発表されています。

  • ガンの転移遺伝子を阻止できる「短縮型ミッドカイン(tMK)タンパク質特異的モノクローナル抗体」その③

    ガンの転移遺伝子を阻止できる「短縮型ミッドカイン(tMK)タンパク質特異的モノクローナル抗体」その③

    前回、イレッサの副作用である間質性肺炎の発症をいち早く発見できるバイオマーカーについて掲載しました。第3回目となる今回は、ガン転移遺伝子(tMK)を阻止できる抗体についてです。

  • 間質性肺炎のマーカーと、ガンの転移の有無を明確にする唯一の転移腫瘍マーカー その②

    間質性肺炎のマーカーと、ガンの転移の有無を明確にする唯一の転移腫瘍マーカー その②

    前回、公にされていなかったイレッサの薬害被害について掲載しました。第二回目となる今回は間質性肺炎のマーカーと、ガンの転移の有無を判別できる唯一の転移腫瘍マーカー「tMK」について掲載していきます。

  • 公にされていない「イレッサ薬害被害」の真実の姿 その①

    公にされていない「イレッサ薬害被害」の真実の姿 その①

    過去、肺ガン剤であり、夢の分子標的薬と謳われていた「イレッサ」が、800人以上の死者を出す薬害被害がありました。 「最高裁で被告側勝訴」という結末になっていますが、未だ公にされていない…いや、できなかったことがあります。 今回はそのあたりのお話を日本分子腫瘍マーカー研究会 工藤 憲雄さんにお伺いしていきます。

  • イレッサの薬害被害を二度と起こさないために、専門医も誤っている「分子標的薬の正しい知見」

    イレッサの薬害被害を二度と起こさないために、専門医も誤っている「分子標的薬の正しい知見」

    分子標的薬に対する謝った解釈を元に起こってしまったのが、イレッサの薬害被害である。800人以上が亡くなった。ここで今一度工藤さんに、分子標的薬の正しい知見をお伺いしてみました。

12