『免疫細胞療法』の記事一覧

  • がん免疫療法の効果が認められなかった大腸がんにおいて、腸内を介した新たな治療法が誕生する予感。

    がん免疫療法の効果が認められなかった大腸がんにおいて、腸内を介した新たな治療法が誕生する予感。

    免疫細胞の一種である制御性T細胞が、大腸がんに対する免疫を弱めること。ならびに、大腸がんの周辺に存在する遺伝子である「FOXP3」をもつ細胞群は、がん免疫を促進することが発見されました。将来、腸内細菌を調整することによる大腸がん治療の可能性に期待が寄せられています。