『生活習慣』の記事一覧

  • 「目の状態がおかしいかも…」は、危険シグナル。視野が狭くなる緑内障と酸化ストレスの上昇には密接な関係性がある

    「目の状態がおかしいかも…」は、危険シグナル。視野が狭くなる緑内障と酸化ストレスの上昇には密接な関係性がある

    東北大学 大学院医学系研究科 眼科学分野の中澤徹(なかざわとおる)教授、檜森紀子(ひもりのりこ)助教らのグループは、緑内障患者における全身の酸化ストレスと緑内障の重症度の関係を明らかにしました。

  • カラダの変化から欠乏しているビタミンを知る

    カラダの変化から欠乏しているビタミンを知る

    あなたが毎日見るカラダの部分といえば…そう、顔です!実は顔の状態から、自分が今どんな栄養素が不足しているのか?診断することができます。知っておいて損はないですよ。

  • 最先端?マイクロバイオーム・ダイエットとは(その2)

    最先端?マイクロバイオーム・ダイエットとは(その2)

    前回、腸内細菌を最大限に活用したダイエット法が次の世代を作るのではないか?ということを掲載しました。第二回目となる今回は、腸内細菌の変化についてです。

  • 最先端?「マイクロバイオーム・ダイエット」とは(その1)

    最先端?「マイクロバイオーム・ダイエット」とは(その1)

    人間の体の中にはさまざまなマイクローブ(微生物)が棲息しており、それらの集合体をマイクロバイオームと呼びます。

  • 漢方薬を知ろう(その9)漢方薬の最もオーソドックスな副作用は「間質性肺炎」

    漢方薬を知ろう(その9)漢方薬の最もオーソドックスな副作用は「間質性肺炎」

    前回、漢方薬の服用による副作用として、肝機能への影響が懸念されるという話をしました。しかし、実際には、漢方薬のみを飲み過ぎて肝臓を傷める人はそれほど多くはありません。やはり、他の西洋薬やサプリメントとの併用、そして、それによる薬物の過剰摂取で肝臓障害を発症する人が圧倒的多数です。 むしろ、漢方薬のみによる最もオーソドックスな心配は、「間質性肺炎(かんしつせいはいえん)」だと言えるでしょう。ならば、その間質性肺炎とは、どのような病気なのでしょうか?

  • 爪を噛む癖…みっともないだけではないです。今すぐにやめてください

    爪を噛む癖…みっともないだけではないです。今すぐにやめてください

    気がつけば、爪を噛んでしまう癖を持っている人がいます。これは不特定多数から言われるように、主に2つの要因があります

  • ヴィーガン(絶対菜食主義者)から見えてくる長生きのための食生活

    ヴィーガン(絶対菜食主義者)から見えてくる長生きのための食生活

     ヴェジタリアン(菜食主義者)は、「肉や魚を直接摂取せず、主に野菜を食べる人々」を指します。程度の差はありますが、食生活の中心が野菜です。その目的はダイエットから主義信条など多岐にわたっており、ヴェジタリアンであることを公表している国内外のセレブなども多くいます。

  • 最近の若者の睾丸は小さくなってきているという話の裏側

    最近の若者の睾丸は小さくなってきているという話の裏側

    環境ホルモンの影響で睾丸が小さくなってきている、という話を耳にしたことはないでしょうか?いわいる「内分泌かく乱化学物質」と呼ばれるものの影響が男性の睾丸サイズに出ていると、懸念されているわけです。せっかくなので今回はその辺りのことを少し掲載していくことにします。

  • 虫歯・歯周病はカラダの健康状態に関わってきてしまう

    虫歯・歯周病はカラダの健康状態に関わってきてしまう

    毎日の栄養素が我々の健康に影響を与えるように、口の中の細菌も我々のカラダ全身に影響を及ぼしています。口の中に棲みついている細菌は何らかの形で他臓器にまでたどり着いているのです。主な経路としては2つ、「① 食品や唾液と一緒に飲み込む」「② 血液に侵入する」です。

  • 毎日の『お茶』から、健康になる方法

    毎日の『お茶』から、健康になる方法

    春夏秋冬、季節の変わり目に発症確率が増加する季節性の感染症に対応する家庭で出来るオーガニック療法をご存知でしょうか。一つでも知っておくと、もしもの時のために役立つかも知れません。ここでは家庭で出来る急な発熱の対処術を少しご紹介していきます。

1234510>I